疲労回復効果を期待して鶏胸肉カレーを作ったら美味しかった!

年齢が30台になってくると、なかなか疲れがとれません。
そこで疲労回復効果のある”イミダゾールペプチド”を多く含む鶏胸肉を使った料理を作ってみました。
疲労回復目的で作った料理だったのに、食べてみたらアレ?凄く美味しいんだけど?となってビックリしています。

今回鶏胸肉を使って作ったのは、鶏胸肉カレーです。
といってもカレーを作る際、使う肉を鶏胸肉にしたただけなので左程難しい料理ではありません。
自分なりに注意してる点を箇条書きにしてみますと・・。

・市販カレールーを二種類以上使って作る
・人参はすりおろしと角切りとで二種類用意する
・玉ねぎも人参同様、二種類用意
・人参は圧力鍋で煮込む
・味に深みを出す為にチャツネ(スーパーのカレールー販売コーナーに大体置いています)を入れる
・出来上がってから一度冷やす

こんな感じです。
この作り方をしたカレーに鶏胸肉をいれたわけです。
鶏胸肉は1~2cm程度に小さく切り分けて使います。
大きいと食べ応えはあるものの、鶏胸肉がパサパサになりやすいんですよね。
その点小さいとカレールーと一緒に食べやすいので、カレールーの水分が加わってパサつきは感じません。

こうして出来上がった鶏胸肉カレーですけど、ヤバイぐらい美味しい。
鶏胸肉のギュっと詰まった肉質がカレールーと相性がよく、凄く美味しいんですよね。
それに鶏胸肉は安いので、美味しくなった上に節約出来ているとか神過ぎます。
疲労回復目的で作っただけなのに、これからカレーを作る時は鶏胸肉だな!と感じる程。
もっと早く鶏胸肉を取り入れておけば・・と後悔してしまう程でした。

疲労回復についてですけど、疲労回復効果だけでなく精力アップ効果もあって満足しています。
カレールー自体、精力剤に使われる食材が多数はいっていますからね。
そこに鶏胸肉が加わり、えらいことになりました。
30代以上の方は試してみる価値あるかも?です。

自分で作ったシーフードカレーに大満足しました

会社の上司がすすめるカレー屋に行ったのですが、すごく美味しいシーフードカレーが出てきて気に入りました。

でもそのお店、職場からけっこう遠いので普段気軽に行くことができないんですよね。

そこで、自分でシーフードカレーを作ることに挑戦してみることにしたんです。

日頃仕事が忙しくてコンビニ弁当や外食などが多いのですが、シーフードカレーなら自分でも作ることができるかもしれないと思って初挑戦。

スーパーでエビやホタテ、マッシュルーム、イカなどを買ってきてレシピをみながら作ってみることにしました。

カレーは男の私でも簡単に作ることができるので嬉しいです。

出来上がるとすごく美味しそうな魚介の香りがしてきて早く食べたいと思いました。

一口食べてみると、あのカレー屋のシーフードカレーの旨みには負けてしまいますが美味しくておかわりしました。

食べ終わったらお腹が出てしまい、高カロリーだから体重が増えてしまいそうだとちょっと不安に。

でも自分で作ったカレーが大成功したので、これからもシーフードカレーを作り続けてみようと思いましたね。

この話を会社の後輩たちに話すと、「次の休みの日に家に行きますから、ご馳走してください!」と言われやる気になっています。