疲労回復効果を期待して鶏胸肉カレーを作ったら美味しかった!

年齢が30台になってくると、なかなか疲れがとれません。
そこで疲労回復効果のある”イミダゾールペプチド”を多く含む鶏胸肉を使った料理を作ってみました。
疲労回復目的で作った料理だったのに、食べてみたらアレ?凄く美味しいんだけど?となってビックリしています。

今回鶏胸肉を使って作ったのは、鶏胸肉カレーです。
といってもカレーを作る際、使う肉を鶏胸肉にしたただけなので左程難しい料理ではありません。
自分なりに注意してる点を箇条書きにしてみますと・・。

・市販カレールーを二種類以上使って作る
・人参はすりおろしと角切りとで二種類用意する
・玉ねぎも人参同様、二種類用意
・人参は圧力鍋で煮込む
・味に深みを出す為にチャツネ(スーパーのカレールー販売コーナーに大体置いています)を入れる
・出来上がってから一度冷やす

こんな感じです。
この作り方をしたカレーに鶏胸肉をいれたわけです。
鶏胸肉は1~2cm程度に小さく切り分けて使います。
大きいと食べ応えはあるものの、鶏胸肉がパサパサになりやすいんですよね。
その点小さいとカレールーと一緒に食べやすいので、カレールーの水分が加わってパサつきは感じません。

こうして出来上がった鶏胸肉カレーですけど、ヤバイぐらい美味しい。
鶏胸肉のギュっと詰まった肉質がカレールーと相性がよく、凄く美味しいんですよね。
それに鶏胸肉は安いので、美味しくなった上に節約出来ているとか神過ぎます。
疲労回復目的で作っただけなのに、これからカレーを作る時は鶏胸肉だな!と感じる程。
もっと早く鶏胸肉を取り入れておけば・・と後悔してしまう程でした。

疲労回復についてですけど、疲労回復効果だけでなく精力アップ効果もあって満足しています。
カレールー自体、精力剤に使われる食材が多数はいっていますからね。
そこに鶏胸肉が加わり、えらいことになりました。
30代以上の方は試してみる価値あるかも?です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です